このサイトはWordPressとFIT社のLION MEDIAで作成しています。

アフィリエイトブログの書き方7つのポイント

NO IMAGE

ブログの読者を増やすには、どうすればいいでしょうか?とよく聞かれます。なぜ自分を中心に考えてしまうのでしょう。読者を中心に考えれば、同時に読者の心理も理解することになります。

人間の心と行動の関係を研究する「行動心理学」をブログの記事に応用する方法があります。web上にはさまざまな情報が溢れており、似ているものも多く、行動心理学の要素は必須と言えます。

読者に感情移入(イメージ)してもらう

 

塔を真下から見上げる
引用:Unsplash

「感情移入」などと書くと難しくなってしまいますが、わかりやすくいえば「イメージ」してもらうという事です。イメージしてもらうことで読者は記事の中の主人公になり、状況の理解がしやすくなるという事なのです。

記事の内容をイメージしてもらうためには、読者の目線で記事を書いていくという事です。提案しているのが商品であれば、その商品を手に取った時の状況を、何らかの情報であれば、その情報を利用している状況を想像してもらうのです。

ブログで大事なのは正直さや誠実さ

何らかの商品を提案する時に、あるいはブログからの販売を促すときに、その商品についての記事に嘘、偽り、ごまかし、こういったものを織り交ぜてしまえば、それは読者に瞬時に見破られます。

なぜかというと、その記事を書くためにあなたは自らを欺かなくてはいけないからです。その記事はあなたが伝えたいことを伝えると同時に、隠したいことも伝えてしまうのです。

「自分の意図をはっきり伝えること」というのは、自分でその意図が分かっていなくてはできないことなのです。また、自分に正直でないとその意図は理解できません。人に対して隠したり、とりつくろったりするという事は、間違いなく自分にも同じことをしているのです。結果として相手には伝わりません。

読者は本当に真実を見極める目が鋭く、感覚的に感じ取ってしまうものなのです。
そして記事が正直であればあるほど、反応してくれます。

ブログの信用度を高める

 

ブランケット上に置かれた植物の枝
引用:Unsplash

正直さについて触れましたが、あなた自身の正直さ=情報や商品の信用度ではありません。もちろん、あなた自身が誠実でない場合は、どんな優れた商品や情報でも信頼性はそがれてしまいます。

信用を高めるためには、疑問点を想定し、解決できる答えを用意しておくことです。想像できる疑問点をあやふやにしておくことは信用を失うことになり、結果として読者を失う事にもなります。
ブランド力を高めておくことも重要になります。ドメインもこれにあたり、「.xyz」よりも「.com」の方がなんとなく信用されるというのはいうまでもありません。

広告
ホームページ集客に必要なツールがオールインワン【ferret One】

権威づけ|みんな間違いたくはない

販売においては、そのコピーに「東日本唯一の~」とか「業界最高のクオリティ」「広告業界の働き者集団」などの権威をつけるのが有効ですが、普段の会話やブログの投稿などでも権威付けというのは有効なのです。

とはいえ、こんなキャッチコピーのような権威づけは使えません。会話や記事の中において、メッセージやレイアウトなどを通じて感じとってもらうのです。

その道の詳しい人のアドバイスや評価であれば、これはその道の「権威」の言葉となるのです。

ものごとの本質を理解できるのは「常識」

 

エサを探すかけす
引用:Unsplash

どんなものにも独自の個性・本質があり、それを見つけるのは他ならぬあなたです。

情報や商品の「ドラマ」をどんな風に演出するか。どんなものにも、それが提供する真のメリットや感情を表現し、できるだけたくさんの人にそれを提案するためのプレゼンの方法があります。

対象の本質を理解し、その強みを生かすことで説得力があり心に響く最大限のプレゼンとなりうるのです。おもちゃであれば楽しさを前面に、保険であれば安心を前面に、です。

一般的には本質を理解するのに必要なのは「常識」のみです。

伝えるのはシンプルな文面で

 

つるされた無地のメモ
引用:Unsplash

記事中で説明を複雑にするものや不必要なものは削除していきます。記事は教養の高い人だけでなく、教育水準がさほど高くない人も読むことができ、内容が明確に伝わるものでなくてはいけません。

むずかしい言葉で カッコをつけようとしても、それになじみがない人は戸惑うばかりです。シンプルでわかりやすい言葉こそが最大の影響を及ぼします。

たとえばあなたがネット上であるブログサイトに行ったとします。一字一句漏らさず、じっくりと読むでしょうか?おそらくはサーっと流し読みをするはずです。

ですから改行を多くしたり、ひらがなを多く使ったりして、流し読み前提で伝わるような記事を書くのが望ましいのです。

数字により具体性を持たせる

記事の内容が何らかのデータを拾ってきたものであれば、その出典元と数字としてのデータは必ず載せてください。言葉のみで大雑把に伝えてしまうと、読者は必ず割り引いて捉えてしまいます。

ところが具体的な数字としての事実を記載すれば、信用につながっていきます。また具体的な数字を乗せることで、専門家らしく聞こえるので権威づけも出来るのです。


 

アフィリエイトカテゴリの最新記事