このサイトはWordPressとFIT社のLION MEDIAで作成しています。

ライトアフィリエイト【5万円以上稼ぐための方法ーライティング編】

ライトアフィリエイト【5万円以上稼ぐための方法ーライティング編】

商品の薦め方

商品を購入してもらうことによって報酬へつながるアフィリエイト。ではあなたが商品をブログでおすすめして、果たして購入してもらえるのでしょうか?

難しくは考えない

引用:Unsplash

販売を行ったことがない人にとっては悩みの種ですよね?最初の記事はどういった内容にしようかと悩むことでしょう。最初のページが「こんにちは!ブログをはじめました!」では痛いですからね。実は難しく考える必要は全然ないんです。なんならいきなり薦めなくてもいいんです。商品に関することならば、あなたの意見とか、あなたが感じていることでいいでしょう。

導く先のライティングでその商品を欲しがっている人に、その商品を薦めるだけなんです。子供の知育パズルを求めている人にジグソーパズルを薦めはしないでしょう。これが間違いなくできていれば、月に5万円程度の収入であれば実現可能と思ってください。

ターゲットが明確な商品

その商品が欲しいと思っている人というのは、明確なイメージを持っているものです。ですからお薦めする商品というのもターゲットが明確になっていなくてはいけません。「子供から大人まで、ご家族みんなが楽しめるパズルです!」ではなく、「2歳児~4歳児の脳の発達を呼び覚ますことができるパズルです!」こんな絞り込みができている商品を選ばなくてはいけません。

ターゲットが明確になっていて、購入率も高い商品が見つかっても、肝心のお客さんがその記事にたどり着かなくては報酬につながりません。購入してくれるユーザーを集めなくてはいけないのです。ここでGoogleなどの検索エンジンの力を借りるのです。商品を探しているユーザーはどんなキーワードで検索をするか?これはあなた自身がその商品が欲しいユーザーになって考えると明確になってきます。自分の小さい子どもの脳発達に役立つためのパズルを探しているのであれば

「パズル 幼児 知育」「パズル 子供 脳」「パズル 幼児 発達」

この様な検索をするでしょう。ということは、その検索でヒットすれば、ピンポイントで絞り込んだターゲットを、あなたのブログに呼び込むことができるのです。具体的には、このキーワードを使いタイトルを決めていきます。

ライティングのポイント

引用:Unsplash

ユーザーへの共感

記事で売るわけなので、記事の書き方は当然大事です。商品が売れやすくなる記事を書くためには、あなた自身がその商品を購入したい人の立場に立ってイメージをしてみることです。

  • 何に悩んでいるのか?
  • どんな悩みがあって、どういった商品を探しているのか?
  • どんな薦められ方をされたら買いたくなるのか?

これら以上に、より購入率を上げるための書き方があります。それはユーザーに共感することなんです。

「子供さんに役に立つパズルを探しているのなら、このパズルがおすすめです。」

よりも

「お子さんの脳の発達のためにはパズルなどで遊びながら、脳の教育をしていくと効果があるといいます。脳に刺激を与えるんですね。はじめるタイミングは早ければ早いほどいいといわれています。小さいうちから脳の発達を促せば、学校に通う様になったころは学習能力もちゃんとついていますから、お子さんが楽しんで学ぶという事を促す環境がすでにできているという事なんです。」

ユーザー自身、すでにいろいろ調べて分かっていることなんですが、敢えてそれを自分の考えとして伝えることにより、共感を呼び起こさせる方法をとれば、購入率がぐんと上がるわけです。

商品レビュー

引用:Unsplash

最も購入率が高い記事の書き方として「商品レビュー」があります。実際にその商品を購入して使ってみた感想を記事にしていくのです。もちろんメーカーからサンプルをもらえるわけでもありませんから、実費購入とはなります。しかしただ調べて想像力を駆使して記事を書き上げるよりも、レビューしてアフィリエイトをした方が購入率が高くなることは間違いありません。単に使った感想を書くだけではなく、商品の発注から商品が届いた状況、梱包の仕方、箱から取り出すときのレポート、実際に商品を使った感想、手入れの仕方など、事細かに写真付きで記事にしていくのです。

このレビューにより、ユーザーは購入した後のことを明確にイメージとして植え付けられて、疑似体験として取り込むのでユーザーにとって非常に有益な情報となるのです。なにかを購入する機会があればぜひレビューを書いてみてください。

レビューを書くときの注意

正直に感想を書かなくてはいけません。よくあるのがベタ褒めのレビューですが、あまりにもベタ褒めの記事であると信用度が落ちます。気が付いた欠点も書き加えればリアリティが増します。アフィリエイターというのは営業マンなので商品のいいところだけを伝えるのではなく、注意事項や欠点なども一緒に説明しなくてはいけません。

ブログアフィリエイトは記事で商品を売ります。記事で商品を売る以上、書き方の工夫次第で成果が大きく変わってくるという事を認識しておかなくてはいけないのです。

取扱商品を増やしカテゴリーを設定する

引用:Unsplash

お薦め商品は多すぎず少なすぎず

ブログアフィリエイトは販売店というお話をしました。販売店である以上、お客様に商品選択の機会を与えなくてはいけません。ですが、あまり商品の数が多すぎるのもよくありません。というのもあれもこれも紹介していたのではユーザーが「じゃあ、一体どの商品がほんとうに良いの?」と迷ってしまい、結果として購入率が落ちるといった事態になってしまうからです。

商品の数はアフィリエイトのジャンルにより異なってしまうので一概には言えませんが、健康食品や化粧品など大きなジャンルであれば50個程度、そこからジャンル分けして肌のくすみ、メイク落としなどの小ジャンルで10個程度でしょう。

有益情報の配分率

報酬に直接結びつくアフィリエイト記事なのですが、ユーザー目線から見れば実は疎ましいだけです。報酬に直接リンクされる記事なので大事にしたい気持ちはわかりますが、そればかりだとやはりユーザーは離れていってしまいます。重きを置くのは有益情報の方です。有益な情報を常に配信していればファン層が増えて購入率を上げることにも結び付いていきます。割合としては6~7割を有益情報に配分した方が良いでしょう。

ブログ内のカテゴリー分け

引用:Unsplash

ブログが育ってきたら必ずカテゴリーごとに記事を分けましょう。カテゴリー分けすることでユーザーは自分の探している情報にアクセスしやすくなります。サイト内での滞在時間も長くなるためにGoogleからの評価も上がります。サイドバーにカテゴリーメニューを載せれば商品購入を検討している人は自分の求めているカテゴリーへと行きます。そのカテゴリーの中には情報記事とアフィリエイト記事が混在しているので自動的に絞り込みができていくのです。

ランキングの活用

カテゴリ分けと合わせて、ぜひサイドメニューなどで活用したいのがランキングです。ランキングは3~5位ぐらいがわかりやすいでしょう。では、何のランキングにするのか?人気順?売り上げ順? 実は特に気にすることはなく、おススメでも注目でもなんでもいいんです。

ランキングをつけることでユーザーの商品購入の指針になるのです。もちろんユーザーの目に留まった時に「なんでこれが1位なの?」と思われてしまうと、ブログにとってはマイナスポイントになってしまいますので、常識の範囲内でのお話にはなります。

アフィリエイトカテゴリの最新記事