このサイトはWordPressとFIT社のLION MEDIAで作成しています。

ブログタイトル|わかりやすいブログのネーミング

ブログタイトル|わかりやすいブログのネーミング

なかなか良いブログ名が浮かばない…ブログ名(ブログタイトル)はアクセスに大きく影響します。検索で表示されて、タイトル名からどんな感じのサイトかを読者は判断します。

目を引き、かといって主題から大きく離れない、しかも覚えやすい、こういったネーミングのつけ方が大事なのです。

アクセスアップを狙えるネーミング | ブログタイトルのつけ方

ハードロックカフェの看板
引用:unsplash

ブログ名はキャッチコピーの時のように様々な角度から考えていく必要があります。

読者層を考え、読者の望む答えを考え、あなたはどんな情報を配信するのか。そして同じタイトルのサイトが他にないか。もし、いいアイディアが浮かばなかったり、すでに使われている場合は、違う角度から考えてみるのも一つの方法でしょう。

例えば当サイトであれば、救われる側に立って「人生サバイバー」でしょうか。

エゴに陥らないネーミング | 読者目線のブログタイトル

わたしも当サイトのネーミングをつける時に英語にするか日本語にするか悩みました。「LifeRescue」の方が、なんとなくかっこいい感じがしたのと、将来的にロゴが作りやすく感じたのです。

しかし、Life=人生という意味合いが日本人の中ではあまり浸透していないと思われたので、日本語の人生という単語を使ったのです。野暮ったい感じはしましたが、今ではよかったと思っています。

あなた自身がどう感じるか、ではなく、重要なのは読者がどう感じるか、なのです。

ブログタイトルとドメインの関連性

ホテルのロビーに置かれた電飾看板
引用:unsplash

読者が理解できるタイトルにしましょう。かっこいいタイトルをつける必要は全くなく、そのブログではどんな情報が得られるのかが明確にわかればいいわけですから、検索に使うであろうキーワードを入れることから考えましょう。映画のレビューブログならば「映画」は必須ですよね。映画のブログに「MyHappyBlog!」では何のことかわかりません。

また「映画」のキーワードのみを使うのではなく、関連するキーワードも織り込みましょう。こうすることで求めていることの絞り込みができるのです。「映画館情報」なのか「レビュー」を読みたいだけなのか。つまりはブログ本文への導線を張っておくという事です。

長すぎたり、大雑把なものもやめた方が良いです。あたりが柔らかく、シンプルなものが好ましいです。漢字はできるだけ少なめに、タイトルだけではなく見出しも同じような作りで、すべり台効果を狙ったものにしていくのが理想です。

ドメインは完全に合わせる必要はありませんが、関連性を持たせることは重要です。当サイトの場合、最初はドメインから決めました。

ブログタイトルとキャッチフレーズ

もしも、短すぎて、しかも大雑把な、何を表そうとしているのかわからないようなタイトルになってしまったとしても、ブログ名の後ろにキャッチフレーズを入れてやることで、ブログタイトルの説明になります。キャッチフレーズの中のキーワードの挿入はSEO的にはあまり意味のあるものではありませんが、検索結果に直接表示されますので、ある程度の挿入は必要になります。

ブログタイトルとキャッチフレーズは互いに引き立てあい、補完しあう関係にあるので、キャッチフレーズが重要といっても、やはりタイトル自体は更に重要です。将来キャッチフレーズは多少変えてもいいのですが、タイトル自体はSEO的にも変えない方が望ましいのです。もしもお店の屋号がころころ変わるようなお店があったら、お客様からの信用は得られませんから。

お金を払って作るくらい重要

お店を出すときもお店の屋号はそう簡単には作らないでしょう。サイトの名前や会社の名前、お店の名前などの作成はクラウドソーシングでお金を払うから作ってくださいといった案件は結構多いのです。それだけ重要なものなので、しっかりと考える必要があります。

ブログのマニュアルカテゴリの最新記事