このサイトはWordPressとFIT社のLION MEDIAで作成しています。

アフィリエイトサイトをレンタルサーバーに置く利点

NO IMAGE

個人のブログをみんなに見てもらうためには、そのブログをどこかに置かなくてはいけません。その置き場所がサーバーとなります。サーバーとは言ってみれば大きなコンピューターなのです。

自宅のパソコンからそのサーバーに作ったブログをデータとして送るわけです。一般には無料ブログサービスの利用か、レンタルサーバーの利用かどちらかになりますので比較してみました。

無料ブログとレンタルサーバーを比較してみた

より多くの人にブログを見てもらうためには、レンタルサーバーとWordPressの組み合わせが最適です。無料ブログサービスとレンタルサーバーのメリット・デメリットの比較、人気のレンタルサーバーの特徴をお伝えします。

無料ブログサービスのメリットとデメリット

 

トランクに貼りつけられた10個のピンバッチ
引用:Unsplash

もちろん個人の日記などであれば無料ブログで問題はありません。しかしアフィリエイトなどのビジネスサイト向きではないと言われています。それでは無料ブログサービスのメリットとデメリットはどこにあるのでしょう。

メリット

やはりアフィリエイトを始めるのに敷居が低く、身構える必要がありません。設定も簡単に済んでしまいます。もちろん無料というのは比較材料として大きなメリットです。
A8.netのブログを使えば、広告主との契約もとても簡単に済みます。

デメリット

 

サーバーの管理画面
引用:Unsplash

レンタルサーバーと比較すると、無料ブログはあらかじめデザインが決められており、極端なデザイン変更は不可能です。個性のあるブログを作ることが出来ないという事です。個人のブログだからと割り切るしかないです。

また決められた広告スペースがあり、いらない広告が表示されてしまいます。有料プランで消すことが出来るところもありますが、スマホ側のコンテンツでは消すことが出来なかったりします。

SEOに弱い無料ブログ

SEO対策においても弱いと言われています。Google側が無料ブログサイトをあまり評価していないのではないか?と疑ってしまうほどです。また万が一サービスを止められてしまえば、個人財産としてのブログが速攻で消されてしまいます。レンタルサーバーと比較するとリスクが高めという事になります。

レンタルサーバーにブログを置くことのメリットとデメリット

 

白いテーブル上のimacと白いマグカップ
引用:Unsplash

レンタルサーバーにもメリット・デメリットはあります。無料ブログサービスとの比較でみてみましょう。

メリット

やはり自分の好きなレイアウト・デザインにすることが出来るのは無料ブログと比較すると魅力です。SEOに強いWordPressで、更にSEOに強いと言われる人気のテーマを使うことも出来ます。
(当サイトは無料のstinger+2を使っています。)

必要のない広告が出てくることもありません。個人のブログでも余計なデザインのものは外したいです。特にスマートフォンは無料ブログサービスの場合、しつこいくらい出てきてしまうのですが、これがないのは大変大きな違いと言えます。

レンタルサーバーの容量に余裕があれば、複数のサイトを同一サーバーで運営することも可能なのです。同一ドメインからサブドメインを使って他のテーマの構築も可能です。

広告

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

デメリット

 

サーバー
引用:Unsplash

無料ブログと比較して、導入当初はレンタルサーバーの設定、Wordpressの設定、サブドメインを導入したりする時の設定など、全部個人でやらなくてはいけません。正直、好きでなければ結構苦痛でしょう。

しかしレンタルサーバーの機能全てを憶える必要はまったくありませんし、ネット上にマニュアルはいくらでも落ちています。実際にやってみれば案外面白いものです。

SSLなどのセキュリティ対策も自分でやらなければいけませんが、これはほんのひと手間程度です。気を付けなくてはいけないのはバックアップを保存して、万が一のサーバーダウンに備えたりすることでしょう。

また経費がかかってしまうのも、無料ブログサービスと比較すると、やむを得ませんがデメリットでしょう。安いところで月500円程度、わたしが利用している「Xserever(エックスサーバー)」が200GB=月額900円~となっています。

これを高いと考えるか、安いと考えるかになってきます。仕事と考えればこの程度の経費はかかっていないに等しいのですが。

初心者向けのレンタルサーバーを比較、その特徴は

 

真上から見た天井のないレストラン
引用:Unsplash

エックスサーバー

 

引用:Xserver

月額900円~/200GB~ マルチドメイン無制限

現在わたしが利用しているレンタルサーバーです。大容量・多機能・安定性を重視したレンタルサーバーがエックスサーバーです。サブドメイン、メールアカウントも無制限に作成可能。

ホームページの通信のセキュリティを高める独自のSSLも提供しているので、決済の仕組みや個人情報を扱うお問い合わせフォームなどを使うサイトにおすすめです。また、GoogleはSSLに対応したサイトの検索順位を優遇すると発表しています。

多くの個人ブロガーさん、アフィリエイターさんがエックスサーバーを利用しているので、初めてレンタルサーバーを使う人にとっては情報収集に困ることがなく、使い勝手が良いでしょう。

ロリポップ

引用:ロリポップ!レンタルサーバー

月額250円~/50GB~ マルチドメインは50個まで可能

低価格ながら、一通りの機能と必要な容量が揃っています。本格的なwebサイト構築は考えていないけれど、一度自分のサイトを運営してみたいといった人には、ホームページ作成講座やアフィリエイトの紹介などもあり、取りつきやすいといえます。利用価格が安いのは魅力的ですね。

さくらのレンタルサーバ

引用:さくらのレンタルサーバー

月額129円~/10GB~

わたしが15年前にはじめて利用したレンタルサーバーです。個人向けのライトプランから企業向けのビジネスプロまで数多くのプランがあります。ホームページを預ける程度であれば、さくらレンタルサーバーのライトプランで良いでしょう。

メールフォーム、CGI、WordPressの簡単インストールなどの機能がついてきます。ただし、WordPressでサイトを作る場合、最低でも月額515円のスタンダードプランへの申し込みが必要になります。

サーバーを使いこなせるか心配

 

夜のビル街
引用:Unsplash

たしかにレンタルサーバーの場合は設定作業など熟(こな)さなくてはいけませんから、それなりに敷居は高いといえます。しかし、あなたが本気で稼いでいきたいと考えているのであれば、この程度のハードルはどうという事はないはずです。

60歳近いこのわたしが、レンタルサーバーを、とりあえずは 使えているので、どってことないですよ。無料期間のあるレンタルサーバーで試してみるという方法もありますし、ぜひチャレンジしてみてください!

また現在、無料ブログで「独自ドメイン」を使ってない方が、レンタルサーバーへの引っ越しを考えているのならば、今のブログは閉じないで、引き続き運営してください。投稿記事は500字程度の内容へ縮小して、独自ドメインへの誘導に使えば、間違いなくアクセスアップにつながります。


ブログのマニュアルカテゴリの最新記事