このサイトはWordPressとFIT社のLION MEDIAで作成しています。

権利収入の正体

権利収入の正体

ネットビジネスをしていると「権利収入」といった言葉が「撒き餌」のように使われていますが、勘違いで使われている方も多く、AmwayやMLMなどのマージン収入が中心になったものはネットワークビジネス系になり、インターネットビジネスとはかなり方向性が異なるような気がします。

インターネットとネットワークのニュアンス

否定はしませんし、「お金になればなんでもいいんだ」といった考えもわからないではないですが、根本的にブレてはいないでしょうか?その気になれば世界中からアクセスを見込めるのがインターネットビジネス、ネットワークビジネスは、所詮お友達を作っての限られた内輪の中でのビジネスです。もちろんそこから生まれる信頼感がパワーの源ではありますね。

過去話をさらしてしまうと

星条旗

はるか昔ダイヤモンドDDの元でAmwayをやっていた時期もありました。今のAmwayの形態がどうなっているかは、わからないです。当時はAmwayの規約から大きく外れて在庫をダウンに持たせまくってるアップも多くいて、問題になり始めた頃にやめたんです。わたし自身のアップはそういったことはせず、面倒見はよかったのですがグループ全体の売り上げも落ち始めてて、なんだかなぁと感じたのが原因でした。数年後に届いた年賀状には全く違うビジネスの話が乗っていましたね。

権利から得る収入

権利収入というのは、収入を得る権利を持つ仕掛けがなされていて、近い言い方をすれば「自動収入」といえば良いのでしょうか?権利を得るためには当然努力は必要ですし、友達を失うようなリスクもあります。もっともこういった話を持って行って、離れていく友達はその程度の付き合いですし、その場合は話の持っていき方=プレゼンの方法を見直した方が良いんでしょうけど。
権利を維持するための労力も必要ですから、「自動収入」はやはり違いますね。「自動収入」といった言葉がおかしいような気もします。自動で収入が得られるもの。何もしないでってことでしょうか?

「簡単に」というのは「理解しやすい」という意味

水辺の高層ビル
引用:Unsplash

何もしないで収入を得られるものというのは、よ~く考えてもらえばわかると思うのですが、あり得ないのです。FXですらお金を持ち出すといった行動が必要です。1万円くらいから徐々に徐々に増やしていくといった努力や、アービトラージ狙いの勘も養わなくてはいけません。市場の動向を見抜く力も必要です。誰かにくっつきっぱなしという訳にはいかないでしょう。ミスりはじめれば、どんどん資産は減っていってしまいます。そんな時は新たなものの見方も必要になるのではないでしょうか?少なくともFXは頭をかなり使います。簡単ではないですね。

仮想通貨は少し怖い

まだまだ先の読めない仮想通貨やICO。コツを覚えてしまえば、簡単かもしれません。先が読めないからチャンスがあるのですが、リスクも大きいですね。市場全体が何のかんの言って暗中模索な状況のような気がしてならないんです。今後良くなるといった話が出はじめて、その実ちっとも安定してくれません。市場が大きくならないのはレベルとしては口コミだけで話が終結しているような気もするんです。今年は飛躍の年になり、もっと伸びると思っていたんですがね。伸びる要因が少なすぎます。

アフィリエイトはどうなのか

white laptop computer on table
引用:Unsplash

たしかに初期投資がないのは魅力的なので、試す価値がある唯一のビジネスなのでしょう。ASPのサイトに行くとトップランキングが出ていて、「お~~!こんなに稼げるのか!」といった金額が表示されていますが、そのアフィリエイターの正体が見えないですよね?個人とは限らないわけです。むしろ団体の可能性は高いでしょう。そこまでパワーを持っているのであれば、一つのASPしか利用していないといったことはあり得ませんから、収入はその数倍あるはずですし、そこまでの収入を得ようと思えば、少なくとも外注を使っているはずです。管理する側の目線で見れば、やはり会社組織でないと無理なのではないかな?と感じます。

やはり稼げない?

わたしが細々と運営している複数のサイトへのOrganicSearchからのアクセスやタイミングなどを見ると、あながち稼げないといったことはない感触もします。問題はテーマをどこに置くかと、やはり提案をどういった形で行うか?だと思います。たとえばGoogleSearchConsoleから、競合サイトを検索して、どういったマーケティングを行っているのかを見て、判断するのは容易ですよね?そこで自分がおもわず購入したくなるかどうか?目から鱗が落ちるかどうか?なのではないでしょうか?鱗が落ちたらマネしちゃいましょ。

自分の「目的」は何なのか

ノートパソコンを使ってミーティング
引用:Unsplash

たとえば、さらに上を目指してECサイトの運営でもいいですし、ある程度お金を貯めて、安全な範囲でFXに乗り出してもいいでしょう。資本が比較的かからないアフィリエイトで、友達と一緒に広告会社名義で組織を立ち上げるのも方向性がはっきりしてくると思います。

インターネットのレバレッジをどう使いこなすか

最終的にはせっかく覚えたインターネットのレバレッジをどう活かすかですよね。レバレッジが理解できれば、簡単になってくるかもしれません。しかし、レバレッジが当たり前なものになって、そのありがたさを忘れてしまうと、落とし穴にもなりかねないことを忘れないでください。飛ぶときは一挙に飛びますからね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

マーケティングカテゴリの最新記事