このサイトはFIT社のLIONE MEDIAとWordPressで作成しています

アービトラージ自動ツール

アービトラージ自動ツール

FXと仮想通貨におけるアービトラージを自動で行い、利鞘へ持ち込むことが出来れば、たしかに理想の稼ぎ方ではあります。アフィリエイトで稼いだお金を、こうした投資で大きく増やすのもビジネスの真骨頂なのです。

FXの勉強でもしてみようかと。

 

チャート
引用:写真AC

投資はしてませんがねw 少し興味がわきました。こういった今まで知らなかった分野に興味を持つこともとても大事だと思うんですよ。

投資を利用した新しい副業の形となりつつあります。

FX投資損益の仕組み

投資することで損したり得したりするわけなのですが、

為替損益」と「スワップ損益」という大きく分けて2種類の損益があります。「為替損益」とは、例えば円とドルの売買で昨日よりも1円円安になりました、とかよく聞きますよね。日々変動する為替レートに自分が投じている金額に応じて利益が出たり損失が出たり、一喜一憂のネタになっている代表的なものです。

1ドル100円のレートでドルを100万円分購入し、少し円安になって1ドル101円になった時の損益というのはこの場合1万円の利益になるわけです。もし10万円の購入でも10円円安になれば、結構おいしいですよね(^_-)-☆

FXならではのリスク

 

インターネットで投資を行う男性
引用:Unsplash

スワップ損益」というのは為替の2つの通貨において、それぞれの金利の差から生ずる損益を指します。低金利の通貨で高金利の通貨を購入すれば、金利の差分、「スワップ利益」が生じます。

FXにおいてやはり怖いのが前者の為替差からの損失ですね。1日で大きく動くといったことはありませんが、ごくたまに爆発的な動きを見せる場合があります。リーマンショック然り、ギリシャショック然り。大きな経済変動があった時がそのタイミングになりますね。

FXにおける信用取引

そしてこのリスクをさらに大きくするのがレバレッジの存在です。株式投資の信用取引ですね。自分の資産の何倍もの取引ができる仕組みです。取引額が何倍にもなるという事は利益も、そして損失も何倍にもなるという意味になります。

手を出すときは、ホント情報に気を配って、気を付けなくてはいけませんね。面白そうですがw

FXのアービトラージで稼ぐ

 

チャートを検討する午後
引用:Unsplash

同じ価値を持つ商品の取引所などの価格差を利用して、利鞘を稼ぐ取引のことをアービトラージと言います。

例えばAという市場で金が100万円で売られていたとします。同時刻にBという市場で105万円で売られていたとします。この時間帯にAで100万円で金を購入、Bで売ったとすると、あなたの手元には現金がいくら残るでしょう?そして月に10回同じことが出来たとしたら、いかがでしょうか?

同じことが為替取引でも可能なのです。

これがアービトラージ

ある時点で為替相場が1ドル=100円、1ユーロ=130円、1ユーロ=1.35ドルになったとします。この時に、①まず130万円で1万ユーロを買い、②次に1万ユーロを1万3500ドルにする、③そして1万3500ドルを売って円に戻すという取引を行なうと、130万円が135万円になり、5万円の利鞘を稼ぐことができます。

実際、金市場や外国為替市場などでは、市場によって多少の価格差が生じますが、短時間で価格差が収束してしまうので、利益を得る機会は残念ながら多くはありません。しかし、このような価格差が生じているという情報をうまく掴み、確実に利益を出そうという投資戦略なのです。

 

FXと同じように仮想通貨でも

 

仮想通貨
引用:Unsplash

コインチェックからのNEM流出事件で非常に厳しい状況に置かれている暗号通貨ですが、本日のこの事件に関する動きを見てみると

現在の動き

金融庁は2月8日、大手で登録業者の「テックビューロ」(大阪市西区)と「GMOコイン」
(東京都渋谷区)に職員を派遣、立ち入り検査に着手しました。

昨年9月の登録時にテックビューロはネムやビットコインなど15種、GMOコインはビットコイン
やイーサリアムなど5種の仮想通貨を取り扱うとしていました。また金融庁は1月29日、コインチェックに業務改善命令を出し、2月2日に立ち入り検査を開始。

コインチェック以外の31社には顧客資産管理、セキュリティーなどについて2日を期限に説明を
求める報告徴求命令を出しています。金融庁は立ち入り検査で、不正アクセスを防ぐ安全管理体制や顧客の
資金管理状況を確認し必要な改善を求めており、法令違反などが見つかった場合、業務改善命令などの行政処分
も検討するとの事です。

                                     出典:毎日新聞2018年2月9日

金融庁では行政指導を行っており、仮想通貨を廃止するような動きは一切見られません。これは政府自体が今後仮想通貨を必要なものとして認めており、すでに経済界が仮想通貨ありきで動き始めているからなのです。

仮想通貨のアービトラージ 

 

白い部屋でオンライントレード
引用:Unsplash

仮想通貨においても全世界で全く同じ額ではなく、瞬間瞬間で価格差が生じており、例えばAの取引所で「安値で買って」、Bの取引所で「高く売る」を同時に行えば、その取引所間の瞬間の価格差を利用して大金を稼ぐことが可能です。

これが仮想通貨におけるアービトラージとなります。

このアービトラージ情報を知るために各取引所間の価格差を入手する方法としては、そうした価格差情報を掲載しているCoinChoiceなどのサイトを利用するというのも一つの手段です。ボ~ッと見ているだけでも、面白いサイトです。

最近はこのアービトラージをコンピューターで監視、価格の変動を瞬時で見抜き売買をする自動システムを利用している向きがありますね。人間では24時間監視し続けるのは実質無理ですからね。ただし、このツール数万円~数十万円という高値なものもありますし、実質使えないといったものもあるようなので、このあたりの情報収集も必要ですね。

セミナー広告アフィリエイター募集

CTA-IMAGE 起業家セミナーの紹介をSNSやブログ、メルマガなどで広告してくれるアフィリエイターを募集しています。 お願いするのは「セミナー映像51時間分」と「現金1万円」毎月抽選で「世界旅行」や「MacBook」があたるキャンペーンを紹介してくださいというお願いです。アフィリエイトリンクを記載したメッセージを送るので、そこから1件登録があれば、その金額に応じた報酬を受け取ることができます。 もちろんあなたがアフィリエイトで起業したいのであれば、そのまま申込みしていただいて問題ありません。

セミナーLP

は、メール登録をしてもらうだけで、1件最大1万円の報酬をお支払いするキャンペーンなので、初心者でも紹介しやすいと思います。 一方、

1万円LP 

は、商品の売上額に応じた報酬が支払われますので、1件紹介した報酬が30万円も可能です。アフィリエイトは複数サイトへの登録が必須なので、こうした高額報酬案件は重要です。

副業カテゴリの最新記事