このサイトはWordPressとFIT社のLION MEDIAで作成しています。

Facebookビジネスで集客アクセスを広げる

  • 2018.03.02
  • SNS
Facebookビジネスで集客アクセスを広げる

FacebookなどのSNSは人がたくさん集まるコミュニティのようなものなので、アクセスを広げる場としてコツをおさえれば最善の方法となります。友達がなかなかできない方のために簡単な方法も記録しておきます。

Facebook ビジネスの活用

facebookを楽しむ女性

情報商材にしても、カタチある物が商品である場合も、確実に言えるのは最初のアクセスが大事ということです。アクセス、つまりは集客という事になります。

はじめてネットビジネスを行い、最初のそして永遠の大きな壁になるでしょう。

友達をふやすためのアピール

例えば、あなたがレストランを始めたとします。集客は必要なので友人には開店の話をして、その友人はみな開店の時に足を運んでくれました。またご近所も新しいお店なので、様子見を兼ねて来店してくれ、それなりに盛況だったとします。しかし1週間もすれば徐々に客足も遠のき、厨房の中であくびをしているあなたがいます。

さて、どうやってお客様を呼び込めばいいのか?

集客の方法は?チラシを配ればいいのか?タウン誌に載せればいいのか?お店の前での客引きだけはやめくださいね(笑)

いずれにしても、できるだけ多くの人の目に留まるところでアピールする必要があります。

SNS(ソーシャルネットワークサービス)で友達を集める

 

コンコースの人ごみ
引用:Unsplash

集客が大事なのは入り口のアクセスを多く取りたいネットビジネスも同じなのですが、初期投資を抑えるべく始めたネットビジネスにおいて、広告などにお金をかけるわけにはいきません。

ですから人が多く集まるところで、自分はこういった情報を持っているとアピールする必要が出てきます。

SNSとネットビジネス

インターネットで多くの人が集まるところとして「SNS」が挙げられます。Facebook、Twitter、Instagramなどです。これらの中でも情報商材に敏感な30代以上の男性の利用が多いのが、Facebookになります。

しかし対象者が多いからと広告を投稿し続けたのでは、あの人はお金稼ぎしか考えていない、とお友達は離れていってしまいますから、ご自身のタイムラインには投稿の中でごくたまに副業の必要性などを語る程度に留めるのです。

Facebookとネットビジネス

 

新聞
引用:Unsplash

それでは、いったいどこでビジネスを展開するのでしょうか?

これは別途Facebookページというビジネス向けのサイトを開設し、こちらをビジネスのメインページとすることをお勧めします。
その後ビジネス系のグループに参加して、情報商材の提案をシェアしていくのです。

複数のFacebookページを一つのアカウントで持つことも可能なのです。そこで例えばテキストとリンクしか使えないので、サプリ系のアフィリエイトブログへの導線を作って集客を行う,また他のFacebookページで情報商材ブログへのリンクを貼るなどの使い方になります。

Facebook いいねを増やすビジネス

このFacebookページはお金を払えば一般の人にもアクセスを広げられる「広告」を打つことが出来るのです。またFacebookページはGoogleなどの検索対象(SEO)にもなっています。

もちろんこちらのFacebookページに友人を招待して「いいね」をしてもらえば、その友人のタイムラインに、このビジネスページへの投稿が反映されます。

つまり、ネットビジネスに興味のある友人に、あるいはサプリに興味のある友人にのみ投稿が配信される、つまりは集客ができるということです。属性を作るわけです。


facebook ビジネス プライベートとの使い分け

 

テーブルの上の眼鏡
引用:Unsplash

また個人ページの方は普段の生活の様子や趣味などの記事をできるだけ多く投稿していきましょう。これはFacebookと、あなたと、あなたの友人との親和性を上げるためです。

実はfacebookというのは、この親和性が非常に重要なファクターになっており、投稿記事の友人のタイムラインへの表示にまで影響を及ぼすと言われています。

投稿の既読率~友達のタイムラインに表示されない

Facebookへの記事投稿がどれだけの友人の目に留まっているかご存知でしょうか?10~18%にしか届いていないという事です。
つまり友達の投稿が表示されないことも多いですし、あなたの投稿が表示されないことも多いのです。

友達の投稿にひんぱんに「いいね」やコメントを書いたりすることで、親和性を上げることにより、友達のタイムラインに投稿が表示される機会が多くなり既読率が上がります。そして「いいね」やコメントをもらえる確率も上がり、結果的にビジネスへのアクセスも広がるという事です。

「友達になる」で承認してもらう方法

個人ページでは積極的に友達を作っていきます。友達を作るといってもリアルに会う必要はなく、「知り合いかも」からチョイスしていくのです。

この時にできればその人のタイムラインで何日かにわたり「いいね」をクリックし、メッセンジャーを使って「はじめまして~よろしくお願いします」などのメッセージを送りつつ、「友達になる」をクリックすると承認率は上がるようです。

ほぼアフィリエイトには興味がないはずですが。。

 

こちらを見上げる黒いラブラドールレトリバー
引用:Unsplash

相手がネットビジネスに興味を持ってくれるのか?はたまたネットビジネスを既に行っているのか?
などといった事で悩む必要はありません。これは仕事と割り切れば、興味を持つ人もいますし、むしろどんな職種でも興味を持たない人の方が多いではありませんか。

日本人の場合、「お金に興味がある」と露骨には言わない教育を受けていますし、そのためにそっぽを向かれるはずです。そのあたりの話は追々していくとしましょう。

ただ、これからの副業の時代、現在はネットビジネスに興味のない友達もいつ興味を持つかわかりませんし、現在ネットビジネスをしている人も、あなたの見つけてきた商材に興味を示す可能性は大いにあります。考えてみてください。お金に本当に興味がない人は一体どれくらいいるでしょうか?

Facebookページの方の記事を投稿することでライティングスキルも徐々に上がっていく事でしょう。
これは!と感じた記事をグループにシェアしていけばいいのです。ですから、しっかりと相手を誘導できるライティングを考えてください。ライティングに関してはまたの機会に詳しくお話しますね。

Facebookで集客 その2

 

SNSカテゴリの最新記事