このサイトはWordPressとFIT社のLION MEDIAで作成しています。

facebookでのアカウント停止を避けるには

  • 2018.03.06
  • SNS
facebookでのアカウント停止を避けるには

facebookで友達を多数増やそうとする際、過激に動くあまりアカウント停止やスパム判定を受けてしまいログインできなくなる場合があります。注意点としては過剰な「いいね」や友達申請を行わない。リンクを乱用しないなどがあげられます。

Facebookで集客 その1

Facebookアカウントの停止

黒板に書かれたGood!

さてFacebookでアクセスを作るときに気を付けなくてはいけない点が何点かあります。

元々がFacebookというのは、キャンパス内のネットワークを用いた情報共有手段として構築されたものなので、ビジネスライクな集客につながるものを極端に嫌います。

友達の申請にしても基本的には本当の友達間で使ってほしいというものなので、知らない人へのアプローチ=集客はあまり行ってほしくないのです。過度の友達申請や「いいね」などを繰り返すとアカウント制限や停止を受けてしまうのです。
また本人にはそのつもりがなくても、不正アクセスが考えられるような動きがみられた場合も、他ユーザーを守るためにアカウントは停止されることがあります。

「友達リクエスト」の上限と「いいね」の上限

 

友達
引用:Unsplash

多数の友達を集めるのに具体的にどの程度までがOKなのかは、ユーザーの親和性もあるため一概には言えません。
一般的にFacebookを始めたばかりであれば、1日に「いいね」は100回まで、友達申請は10人までといった情報がありますし、またわたし自身もアカウント制限の経験があるのですが、始めたばかりの頃はリミットは凡そそのあたりだったと思います。

機械的に「いいね」を押し続けるのも良くないので、例えば「いいね」を10回押して、一人に友達申請を行うサイクルで、1日を通して分散して行うのが良さそうです。
また、制限や停止される前に「本当に友達ですか?」や「ロボットではありません」のような普段と違う兆候が出ることもありますので、そういったパターンが出てきたらその日は友達申請あるいは「いいね」をしない方が良いでしょう。
集客といった匂いを放っていてはだめなのです。

Facebookアカウント停止を防ぐ方法

あくまでも、これは一説でありFacebook側からの発表ではないのですが、「いいね」を押すと+1の加点、「いいね」をもらうと+5の加点、コメントをもらうと+10の加点となり、友達申請が-20の減点との事です。そして0を割るとアカウントの制限がかかるといった、そのような話もあります。

わたしが友達500人あたりを超えたあたりから、この計算で1日30〜35人に友達申請を行い続けてきて、アカウントの制限は受けていません。友達の数が増えるほど、幅が広くなる様ですが、限界がどこにあるかは検証していません。

ただし、Facebookのこういったシステムは常に改正されているはずなので、現在も通用するかはわかりません。今朝も友達かもの画面がいきなり変わっていて、非常に申請がしにくい画面になりました。これがデフォルトなのか、私のみに対するものなのか判断できないでいます。

こういった時は少し行動を抑えた方が良いかもしれません。


 PR

スパム判定を受けてしまうことも

 

判定
引用:Unsplash

先日、特に集客を行うためでもないのですが、URL付きのコピペで個人ページに投稿していた時にスパム判定を受けてしまい、4日間一切シェアが出来なくなってしまいました。これは投稿の末尾のURLをそのままにしてしまったためのようです。
うっかりしていました。

URLの文字列が貼られている場合スパムであるとの認定(笑)を受けてしまう可能性が高いのです。
URLの下にリンクが表示されれば、URLを削除してもリンクは生きているので、URLを削除しても問題はありません。

有料Facebook広告

Facebook広告は有料なので、当然とんでもない数にアクセスを広げる(リーチ)ことが可能は可能なのですが。

同一のサービス内での広告活動すらだめなのに、Facebook側が一生懸命、自社の有償の広告を使うように勧めてくるのは、なんだかなぁ、と思ってしまいます。まぁ、あちらも商売ですからね。

実際にこのFacebook広告を何度か使ってみたのですが、4日ほどで数千人にリーチがかかったようですが、クリックは2~5程度でした。初心者の頃だったので、誘導がうまくできていなかったという話もありますが(;^ω^)
めんどくさいので最近はこのブログからページにシェアをして、ページからグループなどにシェアをする回数が増えてますねw

また、こういったビジネスを行っていると、集客などのビジネス行動を嫌う個人からのスパム報告をされるといった場面も出会ってしまいます。
確実に受けるのがカテゴリー違いのグループ(稀にカテゴリーが合っていても)にビジネスのリンクを貼り付けた時ですね。
2度ほどミスった経験があります(;’∀’)

シェアのリンク更新

 

シェア
引用:Unsplash

もののついでなのですが、シェアをした時にリンク元の画像が以前は表示されたのに最近は表示されないといった経験があると思います。これは簡単に直すことが出来ます。

パソコンでしか直せないのですが、シェア投稿の日付をクリックすると独立した表示になるので、右上の「・・・」というところをクリックして、メニューの中から「シェアした添付ファイルを更新」をクリックすると画像がまた表示されるようになります。
元々表示されないものもあるのですが、これはリンク元の仕様になるのでどうしようもないです。

目標のために常に考える

いずれにしても、Facebookで友達を作るのが目的ではなく、アクセスの間口を広げる一つでしかないといった点は忘れないでください。ブログへの導入、ブログでアクセスを得られるようになったらメルマガ登録を促し、リストの取得といった流れが本来作りたい導線ですから。

くれぐれもFacebookをメインの柱にしないように。Facebookはきっかけにすぎないのですから。

SNSカテゴリの最新記事